はじめての方へ

私が入院したのは1992年と93年のそれぞれ春です。入院期間は短く、現在も小さな症状があるくらいです。非定型精神病に典型ってあるのかどうかわかりませんが、今は精神病者と健常者の狭間にいるような感覚です。外来は最初から途絶えることなく続いてますし、服薬のほうは一生つづくでしょう。病気の理解の助けになるかどうか知りませんが、ある種の人間の理解の助けにはなるかもしれません。

P.S 読んでいただいている奇特な少数の読者さまへ
おかげさまで、毎日読んでくださる人もいらっしゃるよう
になりました。当事者の方もいらっしゃるのでしょうか。
状況は異なれ、何か役立てられたら幸いです。急性状態を
体験されたことはさぞ大変だったことでしょう。でも、
まだ人生は終わっていません。その後の分岐点もさまざま
でしょうけど、希望の光、ともし続けてください。ゆらめく
ことはありましょうけど、大事に守ってあげてください。

p.s2 ブログの文章中には論証しようとか説得しようという
意図をもったものはありません。単に一個人からみたら
こう見えるというものにすぎません。仮設的な思考の計算
用紙、あるいは個人用のネタ帳といったところです。

P.S3 現在の診断は統合失調症です。内側から見た統合失調症と本来しなければならないのですが、まぎらわしいのですが、タイトルはそのままとし、概要のほうで調整することにしました。まあ、心因反応と最初につけられた後の病名が非定型精神病で、その時期が長く、主治医から見ると、非定型精神病寄りの統合失調症ということなのでしょう。(聞いたことはありません)(2015・05・08)

P。S4 あともう一点重要な修正があります。私が最初に精神病で入院したのは91年で再発したのは92年のようです。履歴書用の暦でしらべたら、そういうことになりました。85年に大学に現役で入学し、留年とかはせずに、大学院も修了し、会社の研修期間中に発病。その翌年に再発です。修正があるときには、上書き方式をとらず、コメントで調整しようと思います。修正の履歴が残ったほうがいいと考えるからです。(2015・05・08)


2017年11月18日土曜日

日用文

日用のために文を綴っている。
ただし、ひとつの野心として、空間的にも時間的にも遠く隔たった地点まで届くような書き方ができればいいなという気持ちを微かに持っている。
まったく、身も知らない人に私個人というより、私のいる時間空間みたいなものがうまく説明できるような文章。

それはもとより実際どうあるかよりも、私はどうそれを捉えているのかというのをこう伝えたいと思っているという文章になると思う。私がどう書いたところでそういうふうにしか担保されないらしいことはしばらく前からの学習の結果知った。

日用と書いたので、本当に卑近な日常のことを書いてみようと思う。
食 母に作ってもらっている。母も80を過ぎたので、だいぶ食事をつくるのもめんどくさくなったようで、近くのスーパーで買ってきた弁当を食べることも増えた。母がつくるのはすき焼きとか、カレーとか。兄が野菜が嫌いでほとんど食べないので、栄養の偏りを気にして野菜をミキサーですりおろしたのを入れて煮込む。うまい。
土日は歩いていける距離にあるデパート、山形屋の地下でおこわとか買ってくる。二番目の姉が帰ってきたときは、末吉といううなぎ屋に行くこともある。このあたりが我が家の贅沢の上限である。家族でこじゃれた料理店に行くことなど考えたこともない。
飲み会、宴会などにも足が向かない。経済状態もさることながら、あのざわざわした雰囲気は今では苦手になってしまった。その時間帯はたいてい、図書館で本読みである。

衣 昭和のおじさん服を着ている。亡父のお下がりだ。まあ、新しい服を買おうと思えば買うことができるのだけど、今、街でみる若い人が着ているような服はあまり着る気がしない。そういうのを見かねて、大阪に住んでいる姉が服を送ってくることがあり重宝している。

住 母、兄と三人で暮らす。家貧乏だと思う。家貧乏の意味がネット上の意味とは違う。こういう意味である。母は単身で鹿児島に渡ってきて、家で苦労した。とにかく家だ、住むところだと思ったらしい。それで家に対する執着心がある。そのかわり、そのほかのことに対して切り詰めている。特に食に対して贅沢しようという気持ちが起きない。

信仰生活 家の宗派は浄土真宗である。母も兄も篤いと思う。盆と正月、彼岸とかお墓に行く。ただし、形式的には葬式仏教でお寺とは薄い関係だと思う。母にとっての先祖とは遠い氏神みたいな存在ではなく、亡き父やら父の父母あたりである。墓のある坂元というところの上空あたりで我が家を見守ってくれているというイメージである。あと、母は夢を大事にする。兄にもそんなところがある。
さて、私。悪い意味で合理主義が入っていると思う。そういうところを最近感じる。時がたつにつれ、正月の世界も、盆の世界も少しずつ遠ざかっているような気がする。でも、逆に考えることもある。祖父母がいたころの正月やら盆の景色を覚えている。たまらなく懐かしい。そして、それは私にとって確かに大切な思い出なのである。
もう何回か書いたので、ちょっとしか触れないが、正月は凛とした雰囲気でお屠蘇を飲む。祖父母のやっていたタバコ屋で。沖縄で作られた仏壇の前で。赤い膳にのっていて、するめとか塩とか昆布とか載っている。祖父母はもちろん和服であり、私も精一杯きちんとした格好である。
お盆も似たような雰囲気であるが、精霊流しの風習が残っていた。船を流す港の区画への通り道に祖父母のたばこ屋は当たっていて、近所の人がみな挨拶していた。祖父は人格に優れ、近所の人からも尊敬されていたと思う。

2017年11月17日金曜日

飛べない感じ

飛べなくなって、しばらく経ちます。
なので飛べたころのことを振り返ることにします。

記録は残っていないのですが、
90年代中ごろ、キャノワードというワープロ専用機で
「内心暴露」という文章を綴っていました。
完全に自分向きです。打ち出した文章がどこかでみつかったら
ぜひ見てみたいです。あの頃の文章を。
まったく、その文章に価値を見出していませんでした。

いろいろPCも換わり、換わるたびに過去の文章は打ち捨てていました。
文章の整理は苦手です。

メーリングリストなどにも混ぜてもらった時期もあるのですが、
内面を綴るようなものが当時から多かったので、
なんとなく浮いてしまっていました。

文章を書いているうちに、気分が酔ってきてしまうというのも
悪い傾向でした。一晩、寝かして発信するという習慣も
自己検閲するという習慣も根付きませんでした。

そろそろ、ガソリンが切れてきたのでこのへんで失礼します。

2017年11月5日日曜日

貯木場

鹿児島市、浜町に貯木場というのが子供の頃あった。
鹿児島本港北埠頭が埋め立てられる前、
水族館ができる前、桜島フェリーの港の施設が
まだ古い建物だった頃の話である。

貯木場には屋久島で当時くらいまで伐採されていただろうヤクスギ(だと思う)
が天さらしで、たくさんあった。数字的な感覚にうとい私に正確なことはかけないが、何十本というくらいの規模であったような気がする。一本の原木は2メートル以上くらいの直径があり、長さは5メートル以上くらいあったような気がする。当時の私はせいぜいのところ小学校5、6年生くらいであり、大きさの感覚が子供にとっての感覚なので不正確なのはやむをえない。

横倒しになリ、何列かに並んでいたヤクスギの上にのぼり、何をやっていたかというと着生ランの採集である。結論からいうと、マメヅタランしか取れなかった。でも、マメヅタランはいくらでも取れた。珍しいものではなかった。ほかのランはヨウラクランのたぐいか、(着生ランの名前が出てこない、悲しい。検索。)オサランかどっちかが一回だけみつけられた。名前は不詳だが、ツツジのたぐいも着生していた。そっちは目当てではなかった。

管理は鷹揚で、柵などはなく、子供も入れた。ほかの子供たちはカブトムシの幼虫が朽ちた木の中に入っているらしく、そっちが目当てだった。こっちのほうは見つかると怒られた。

ヤクスギのにおいは今でも、かすかに記憶がある。はっきりはしていないけども。

マメヅタランは性質が弱いのか、何度、家に持ち帰っても、しばらくすると枯れてしまい、家では花を咲かせれれな刈った。

家といっても、当時の実家から100mくらい離れた祖父母のタバコ屋の二階の窓の枠にヘゴの棒を切って、それに植えつけていた。コチョウラン、ムギランのたぐい、キバナセッコク、カシノキラン、それからチケイラン、そのあたりのものも祖父母の家で栽培していた時期がある。キバナセッコクの花は壮観だった。

マメヅタランの花は一度だけみたことがある。広島、宮島の弥山の頂上付近の巨石に着生していたものが花をつけていた。

2017年9月8日金曜日

学術・教育目的であれば、画像の利用を許可します。

そういう人はいらっしゃるかどうか不明なのですが、
学術・教育目的であれば、画像の利用を許可します。
特に申請とか要りません。もちろん、お金とかもいただかなくて
結構です。

外国からの閲覧の方も多いので本当は外国語で表示した
ほうがいいのでしょうけど、日本語が読める方が多いような
気がしたので日本語で書かせていただきました。

いつも読んでいただいてありがとうございます。

そういう可能性はほとんど考えの外なのですが、
何か成果物ができたときにはラグーナ出版にでも
贈っていただけたらありがたいです。

画像の利用の範囲は以下を含みます。

facebook上の私の作成した静止画像。
https://www.facebook.com/epimbi.madrigal/photos?pnref=lhc

以上の判断をした理由の一つは

海外日本研究者の画像利用事情
https://www.shibusawa.or.jp/center/network/pdf/iup_all.pdf

というpdfを読んだがきっかけと、もう一つあります。
私の作成したものが何かお役に立てられたらと思いました。

2017年8月29日火曜日

赤とんぼ

昔いた大学での形態学講座での宴会での話し。
講座で懇意にしていた蘭園の社長さんが、何か一曲ということで
赤とんぼの歌を歌われた。

その当時の社長さんの歳にもまだなっていないのだが、
当時まだ精神的にも幼かった私にはあまりピンとこなかった
この曲の含意も少しわかるようになった。

社長さんの歌はなんといっていいのかわからない
哀愁を含んだ調子でぼんやりと印象に残っている。

今の歳に合った歌、今の心境に合った歌を一曲でいいから
探し出し、思いをこめていつかどこかで歌いたいと思う。

若いときの歌は若いときの歌。
今は頼まれてもあまり歌いたい気がしない。
体力的にももう歌えないと思う。

じゃあ、赤とんぼはどうかと思ったりするけれど、
この歌をしみじみと歌ったところで
あまり説得力もたないと思う。

社長さんの歌の面影が耳に残っているから、
あれにはとても及ばないと思う。

文章読まれて「若い」と思われるかもしれない。
「幼い」という意味も含めて。

仕方がない。体験経験が圧倒的に足りず、
無為に結局すごしてしまった時間も多い。
図書館で本を読んでみてもきっと埋め合わせには
ならないだろうし、現場を見ずに字づらを追っても
あれこれ想像できるだけに過ぎない。

きりぎりすの歌う赤とんぼになりそうだ。
どっしりとした存在感は持てず、
他人の目を気にする脆弱さが
いつまでも残りそうだ。

2017年8月15日火曜日

母の催眠術

朝、兄は寝ていた。
母が兄の顔を見ながら、
「鼻がぴくぴくするよ~。」
「もうちょっとしたら笑うよ~」
「笑うよ~」
「鼻がぴくぴくするよ~。」

私もたまにこの攻撃を受けるのであるが、
大体持ちこたえられない。

今朝は当事者でなく、兄が攻撃を
受けるのを横から観察したのだが
「母はどこでこういうやり方を学んだのだろう?」
という疑問を持った。
立派な催眠術ではないか。

母の子供のころの子供文化だったのか?
戦前の徳之島の。
そんな想像までしてしまうのであった。

テレビやら本から学んだという線も、
信じられないし、
独力で生み出したというのはもっと
信じられない。

いつか聞いてみよう。

庶民にとっての学知

高等教育を受けたといっても、私はやっぱり庶民のような気がする。家の中のモノの配置や私が買ってきた本の散乱の仕方、書物の扱い方からしてそうだと思う。

イメージ的にはこんな感じがする。私の近所でも、家の周囲に鉢を並べてホームセンターから買ってきたとおぼしき植物を育てている人もいる。何気ない景色だけど、たぶん江戸時代の頃から連綿と根付いている庶民の中での園芸文化である。どこの国でもありそうだけど、案外そうでもないのかもしれない。

そんな感じで自分なりに学んだものを水槽で飼っているのか、鉢で育てているのかは判然としないのだが、本に書かれている死んだ言葉を生き返らせ、生きた学問として頭の中や友人知人との間やメディアを通して遠くのみもしらぬ誰かと共有したりする。

病気して鹿児島に帰ったとき、植物学を生かす道を絶たれたと勝手に思っていた。代わりに浮上したのが語学だった。生き物を飼うような感覚でしばらく諸外国語に手を出し、ひろげたりもした。でもしばらくだった。

その感覚だけは今も生きている。範囲は縮小し扱うものも日本語の文献ばかりだけど、自分なりに読みこなし、それだけでは満足できず、発信もしている。

自分の身体の中でなんらかの意味でいろんな学問が生きていることが自分にとっては大事なのだと思う。本当にそれはささやかなものに過ぎないのかもしれないが、知ることは単純に面白い。同じ人生を生きるのならおいしいものを食べて生きるほうが幸せであるのと同じ位の意味合いでこの世界のことがわかり、いろいろなものが読めるのが幸せのひとつなのかもしれないと思う。

ヘレンケラーがつめたいさらさらしたものに水という名前があり、世の中のありとあらゆるものに同じように名前がついていることを悟るという感動的なシーンがある。

同じ素朴さで私なりにいろんな物事に感動することは多い。毎日毎日、何かしらこの世のことを知っていく、でも同時に生涯かけてもほんの一部しか知らないままで過ごさなければならないだろうし、何かを明らかにしたいと思うとすると、多くのことを知ることをあきらめ、一隅を照らすような感じで特定の物事に集中しなければならないらしい。

私は別に歴史に名前を登録したいという希望はわずかなのでお茶の間でオリンピックを観戦し、オリンピックの全体像を自分なりに思い描くようなほうを選びたい。読者は王様であり、専門的に知ることを諦める代わりに一般的な常識を身につける喜びを得られるかもしれない。そして、その時間、考えたことの結果を残すことも。それさえも、オリンピックといえないこともないのだ。