はじめての方へ

私が入院したのは1992年と93年のそれぞれ春です。入院期間は短く、現在も小さな症状があるくらいです。非定型精神病に典型ってあるのかどうかわかりませんが、今は精神病者と健常者の狭間にいるような感覚です。外来は最初から途絶えることなく続いてますし、服薬のほうは一生つづくでしょう。病気の理解の助けになるかどうか知りませんが、ある種の人間の理解の助けにはなるかもしれません。

P.S 読んでいただいている奇特な少数の読者さまへ
おかげさまで、毎日読んでくださる人もいらっしゃるよう
になりました。当事者の方もいらっしゃるのでしょうか。
状況は異なれ、何か役立てられたら幸いです。急性状態を
体験されたことはさぞ大変だったことでしょう。でも、
まだ人生は終わっていません。その後の分岐点もさまざま
でしょうけど、希望の光、ともし続けてください。ゆらめく
ことはありましょうけど、大事に守ってあげてください。

p.s2 ブログの文章中には論証しようとか説得しようという
意図をもったものはありません。単に一個人からみたら
こう見えるというものにすぎません。仮設的な思考の計算
用紙、あるいは個人用のネタ帳といったところです。

P.S3 現在の診断は統合失調症です。内側から見た統合失調症と本来しなければならないのですが、まぎらわしいのですが、タイトルはそのままとし、概要のほうで調整することにしました。まあ、心因反応と最初につけられた後の病名が非定型精神病で、その時期が長く、主治医から見ると、非定型精神病寄りの統合失調症ということなのでしょう。(聞いたことはありません)(2015・05・08)

P。S4 あともう一点重要な修正があります。私が最初に精神病で入院したのは91年で再発したのは92年のようです。履歴書用の暦でしらべたら、そういうことになりました。85年に大学に現役で入学し、留年とかはせずに、大学院も修了し、会社の研修期間中に発病。その翌年に再発です。修正があるときには、上書き方式をとらず、コメントで調整しようと思います。修正の履歴が残ったほうがいいと考えるからです。(2015・05・08)


2018年6月29日金曜日

読んでくださる方々へのお礼

なかなか改めて言葉にする機会がないので、いい機会なので言葉にしておきたい。
読み手が好意的に読んでくださっているのか、批判的な目で読んでくださっているのか
それとも他の理由なのか、私は知るよしがない。

でも、facebookなどをはじめ、それなりにいろいろな方々が読んでくださっているような
感じがある。

私の意識の中ではみなさんの普段、身近な生活の中で出会われるさまざまな人よりも
もっと内面を開示しているつもりである。すべてを開示しているわけではもちろんない
し、どちらかというと心にわだかまるどろどろした情念とかよりもキレイな部分を中心
として開示しているけれど、それでも、詳細にわたって日ごとの内面をさらしている
ということになると思う。

そういう文章に興味をもつかどうかはともかくとして、読んでくださっている方々に
深く感謝したいと思う。そして、私の書き込みの中から、人の心というものに対する
ふとした疑問点とか、着眼点とか拾ってくださることが可能ならよりいっそう私は幸せ
である。

今を生きる同じ時代の空気感を共有した人々へ。そして、時間、空間的に距離があり
ながらも、この文章が届いた人々へ。

ほんとうにありがとう。

2018年6月26日火曜日

「万能の天才」について

夕べ、レオナルド・ダヴィンチについての本をちらちらと読んでいた。
よく言われそうなことは、レオナルドの時代は素朴だったから、万能の天才は成り立ったのであって、現代は情報爆発の時代だから、専門分化していて、そういうのは成り立たないというようなことである。

現代で「万能の天才」は成り立つのかはおいておこう。

前、放送大学で勉強していたころか、官僚をされていて、定年を迎えた感じの人に相同なことをきいてみた。昔は素朴な時代だったから、全体を見渡すことができたのであって、今ではもっと発達して、もっと複雑になったから全体を見渡すことは難しくなったのですか?みたいなことを。

その人は、「昔から複雑だったよ」と答えた。

ここから類推をしてあてはめてみて、何の証明にもならないのだけど、レオナルドの時代のもろもろのことごとといっても、もうすでに複雑であって、素朴だったから全体を見渡せたとはいえないのではないかと。

あともう一点、現代では電球はもうレガシーな物品だし、ガリレオの法則はわりと早い時期に習うのだけど、それは知識を継承しているからそうなのであって、当時に戻って、創造する作業を考えたら迷宮をさまようような複雑さをもっていたらしいことを読んだ。『ガリレオの迷宮』、とても私には歯のたちそうな本ではないけれど、知識の継承と、創造は全然世界が違うのだな、と推測した。

「万能の天才」について。私はそういう立場にないのでただ想像するにすぎないのだけど、『情報環境学』大橋力 著 を読むと、いろんな分野の入門書を交差させるように読むと、分野間で共通するパラダイムのようなものを学ぶことができるようなことを書いてあった。ずいぶん、昔に読んだので情報は正確か自信がない。

そこでいうパラダイムは錬金術的なニュアンスを含む、蜘蛛の巣のようなもので、南方熊楠のいう萃点めいたもののような気がしてならない。

P.S 『情報環境学』の後ろのほうに農村での水争いを調整する社会
エンジニアとしてのシャーマンみたいなことが書かれているくだりがあった。本をとってもらえるとすぐそのくだりはわかると思うけれども、私の言葉で書き直したので注意してほしい。

あと、考古学の先生から、古墳時代は宗教と経済と政治が融合されたような形態をしていたらしいことをうかがった。神殿経済みたいなもので、そこにはさまざまな職能を持った人の知恵が流れ込む湖みたいなところであって、そこからまた融合によって生まれた知恵がいろいろな職能をもった人たちの元に分流されていくといような循環があったのだろうか。

そこでのやりとりが耳学問のような形であれば、非常に素朴なレベルから話を始めることができる。質問ー答えみたいな形を繰り返していけば、そういう場所にいる限り、知恵は融合できるのではないかと想像してみた。

「万能の天才」みたいな形を前、日本で流行った複雑系の世界では目指していたような気がする。また、改訂版みたいな形で海外から波がやってきて、大騒ぎするのだろう。

2018年5月20日日曜日

『西郷どん・奄美編』

『西郷どん』の奄美編を母と二人で見る。母は昭和ヒトケタで徳之島で生まれ、戦後、密航船で鹿児島に渡航した。

番組の中で、奄美の女性の手に刺青が彫ってあるのを見たとき、複雑な表情をした。たぶん、いやな気持ちがしたのだろうと思う。でも、だまっていた。

母の子供の頃の奄美の景色もあんな感じもかなり残っていたのではないかと思う。母方の祖母の家が瓦葺であるほかは集落の家は大体昔どおり。番組ではたいまつで照明にしていたが、母の子供の頃は、石油ランプを使っていたみたいである。

祖母の実家は「会社」と呼ばれ、「砂糖商売」をしていたと、もうなくなった親族のおばあさんから伺った。父からは祖母の実家の当主に会ったとき、「やまとぐち(標準語)とそろばんができないと商売はできない」ときいたそうだ。鹿児島と徳之島の間を「砂糖商売」のために行き来していたらしい。



母の実家は向学心が強い人が多く、そういう脈絡で母も鹿児島の高校に進学することを望んだが、母は10人くらいいた兄弟の末っ子であり、両親は老いており、その望みはかなわなかった。



私が幼稚園のころに通信制の高校にいった.

P.S 母関連の集まりで犬田布小学校100年記念集という冊子を母が借りてきた。

母の父は明治31年3月卒業と名簿に出ていた。前年卒業が犬田布小学校卒業の一期生なので、母の父は二期生ということになる。母の母方の祖父は母の父より当然年上なので、小学校に行っていなかったことになる。なのに、やまとぐちとそろばんができたことになる。小学校という制度が犬田布にできる前はどういうふうにして学習をしていたのだろう。興味がある。

各年度の卒業生が名簿として並び、母はあんな人もいた、こんな人もいた、と名前を見ながらなつかしがっていた。で、私はどんな人だったの、と聞くとやさしい人だったとか、親族上の関係とかを答えていた。この冊子があると、母の記憶を活性化できるのではないかとひそかに思っていて、コンビニで早急にコピーしようと思う。


あと、一言であれ、こんな人だった、あんな人だったという情報があるのとないのとでは大違いなので、その一言を記録できたら記録したいと思う。(空手形になるかもしれないが)

母方の父系のほうは商売人が多く、頭がよく、几帳面な人だけど、厳しい人が多かったとか、母系のほうは教員が多く、やさしい人が多かったといっていた。母については親族のイメージはなんとなくではあるが、本土の人よりも豊かなような気がする。隣の集落とも船で行ったほうが交通の便はよかったとか、議員さんとかが馬を使うことはあっても、基本的には徒歩で移動したとか、舗装はされていなかったとか、川には橋がかかっていなくて、石づたいに渡ったとかいう話である。集落ごとはある程度孤立していて、形質人類学的な気質の特徴などが集落ごと、あるいは家系ごとに出やすい感じなのではないかと想像している。

『西郷どん』の感想はあまりかけなかったな。

2018年3月24日土曜日

宇宙について 

昨日はエリダヌス座について考えていた。オリオン座の横あたりから流れ出す、河の星座である。マイナーなほうの星座であるが、アルファ星はアケルナルという名前であり、名前の意味は河の果てという意味らしい。鹿児島南岸の浜からならば、水平線上あたり、ぎりぎりのところに見えるらしい。でも、見たことがない。

アケルナルの先にはみずへび座という星座があり、天の南極のほうへ延びている。天の南極ははちぶんぎ座にある。

子供のころからの空想で、エリダヌス座と銀河鉄道の路線と重ね合わせていた。アケルナルでみずへび座に乗り換えて、天の南極方面に向かう、と。

天文年鑑に日本から見えない4星座というのが載っていた。これはちょっとうろ覚えで自信がないので検索で確認しよう。テーブル山、カメレオン、はちぶんぎ、ふうちょうだった。ネットは便利だ。

見えないというのは逆にロマンを掻き立てるものだ。日本から見えない南の星座にあこがれていた。鹿児島でぎりぎりみえるらしい、南の地平線にちょろっとだけ顔を出す星座にもあこがれていた。でも、残念ながら、子供のころに住んでいた家で天文観測に使っていた物干し場から南の方角が天文館という繁華街で光が強く、南のほうの星座の観測には不向きだった。

知識は調べればすぐわかる時代である。調べるという言葉すらおこがましいところもあると思う。といっても、インスタントに調べられるほうの知識のみであるが。

それに対して、小学校3年か4年かぐらいで宇宙が膨張しているとか、星には終わりがあるとか、白色矮星で角砂糖くらいの大きさの物質がとてつもない質量がある、というのを知ったときにどう感じたか、という記憶があまりはっきりしない。宇宙が膨張しているのなら、宇宙の最初はどうなっているのだろう?という発想は小学校3、4年生の私はしなかった。ビッグバンの話を知ったのは大学3年生の化学の講義の中で、なんだか宗教の話でも聴いているような気分だった。

起源、というとちょっと脱線だけど、照葉樹林にも起源がある、ということを知ったのはもういい大人になってからだった。博物館時代に、古生物学の名誉教授に伺った。何しろ、照葉樹林の起源なんて発想したことないからだ。それは雲南あたりであるらしい。

大体ヒトの発想というものはそういうものかもしれない。知識は与えられるけれど、その知識を使って、その知識が帰結するところを探るという訓練を受けていない。

宇宙についての話題で人間原理というものがあり、それは専門家をも悩ませているらしいが、なぜだか、それについてつきつめて考えてみようとは思わない。それはそれ、これはこれ、という感じで流しているように思う。私の場合だったら、そこらへんつきつめはじめると、人間では終わらずに、私の友人知人、家族、そして私自身まで、人間原理をとりまく宇宙の体系の中にはいってきて、「すべてはつながっている」という発想になり、怖い思いをするだろうから。

ペレルマンの証明で、数学の証明の中に温度とかエントロピーとか物理の概念が出てきて、数学者を悩ませているらしい。でも、温度で悩むのだから、もし、そういう究極の理論の中に唐突に私や「あなた」の名前やら概念が出てきたら、それは誰をもどうかさせてしまうことだろう。

ない、ということを証明することは難しいらしいので、そういう可能性をも実現させかねない宇宙の多様性の豊かさでも胸にイメージしながら、今日も心健康に生きたいと思う。

P.S エリダヌス座についてどう考えていたかを落としていた。なんのことはない、これら私の吐き出した「標本たち」が時系列に並んでいくさまをイメージした。ネットの宇宙の片隅のデブリとして埋もれ消え行く存在かもしれないが、何かそこから発想を広げるヒトもいるかもしれない。どこまで表現するか、どのあたりの距離感が好ましいのか考えることがある。秘密めかす必要はないにしても、わからない楽しみもあると思うのだ。シベリアのいろんな地名、ヤクーツク、クラスノヤルスク、イルクーツク、オイミヤコン、チタ、ウランウデ、ノボシビルスク、ベルホヤンスク、このあたり、まったく地名しか知らなかったころはロマンを感じていた。シベリア鉄道と銀河鉄道を重ね合わせ、メーテルのような永遠の謎を秘めた女性がいるのかも、と、なんかそういう空想もなりたつぐらいのものであった。地図当てゲームの中で覚えたシベリアの地名のひびき。

クラスノヤルスクという言葉の響きとメーテルという名前が私の中では重なるんですね。でも、クラスノヤルスクにどういう歴史があるのかを知るのはずっと大人になってからだった。

P・S 光合成など、研究対象の歴史と対象を取り巻くヒトの歴史と、これがヘンテコリンな形で交差することはあるのだろうか。観察者たちもまた研究対象の歴史に取り込まれてしまうような具合に。

2018年3月14日水曜日

今年の春は調子悪いです

鹿児島県鹿児島市 
12:00 (水曜日)
晴れ
降水確率10%
湿度60%
風速1m/s
 
調子あまりよくないです。
空気にかすかにアルコールが混じっているかのように
春の妖気にほろよい加減です。
 
春、一日か二日くらいそんな感じになる日があるのですが、
たまたま今日はそんな日みたいです。
 
ここ何年かなかったような気もするのですが。
 
まあ、何といいますか、本格的に調子を崩すのもこんな背景で
ありまして、あっちの世界に誘われてしまうような日なのであります。
 
陽の感じが非日常な感じに感じられているのですが、
その非日常の中身についてちょっと書けたら書いてみたいと思います。
 
すこしひんやりとした感じを残しながらも
あたたかくなった感じのする日。
 
街角の家の前の花が咲いている。
青いパンジーとか、ラベンダーのたぐいとか。
 
PSWの方に今日の日ざしはどんな感じですかと
きくと、光が白いですね、と答えた。
 
やわらかな風。
 
ここちよすぎるんです。

2018年2月25日日曜日

興味深い間違い

間違いそのものが考える糸口になる、ということはありえないのだろうか?
ある人がどこでどういうふうに間違うか、その間違い方。

間違いがあってはならない、という種類の文章と、
間違いそのもののなかに、あるいは書かれている正しいことよりもむしろ
間違っている情報の中に情報が入っているというようなことはありえない
のだろうか。

安心して間違うことができる、あるいは恥をかくことができる、
ということは案外私にとっての特権かもしれない。

2018年2月20日火曜日

心理的動物

つくづく若いうちにいろいろ経験していたほうがいいと思った一日だった。

病気とかして損だと思うのは経験値の少なさである。うろうろしていた時期が長いためか、経験値が少ないような気がする。病気をしたり、うろうろしていた時期も含めて、それも経験だといわれる人もいるかもしれないが、常識的に考えてみたとき、いろいろ狭めてしまう。

そういう意味でよくもわるくもうぶなのである。それもいい年をしてのうぶである。救いがたい。なぜなら、どうも頭も固くなってきてリベンジできない気配が濃厚だからである。リベンジすることを画策するよりも、若い人たちに道を譲ったほうがいいのではないか? そういわれるまでもなく、譲るとかそういう問題でもなく、かなり以前の段階で追い越され、落ちこぼれるような感じでうろうろしている、そういう感じである。

どっきりTVとかが典型であるが、ヒトは上手に状況をお膳立てされ、その中にいれられるとかなり容易に心が動揺される。どっきりTVは極端だとしても、自然な流れで人生はさまざまな状況を用意してくれる。逆にひきこもったような状況だと、図書館に篭るような場合であっても、時間の流れはスタティックである。

抽象的な書き方をしているけど、あまり具体的なことは書きたくないのでそう書いている。こういう書き方で勘弁してほしい。

人はとりつくろっていても心理的動物であって、獣性はいかんともしがたく、素直に状況に反応してしまう。ただ、幸いなことにその状況に反応した心理的な移り変わりをモニタリングして楽しんでいる自分もまた別にいる。そこらへんは誇らしいところである。

そういうところは日常ではなかなか、そういうふうな心理的な気分は味わえるものでもなく、具体的に状況がお膳立てされて、はじめていろいろ複雑なものを味わうことになる。

そういう意味合いで、なるだけ若いうちに、喜怒哀楽、いろいろな感情の動きを経験していたほうがいいのではないかと思った。

恥なことでもあるので、このへんでやめとこうと思う。